プロフィール

シバレース

Author:シバレース
超絶!競馬予想大会という自由参加型競馬予想大会管理人。福永祐一J、田原成貴元Jが好き。そしてマヤノトップガンとその産駒たちが好き♪


カテゴリー


ブログ内検索


リンク


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ10日、久しぶりのパカクラ開催であります。これに向けて先週の阪神JFでは必勝の大まじめ予想を展開したにもかかわらず、3連複軸外しの掲示板上位独占という意味わからん結果となってしまいました。ですが!!!今週こそガツーン!と当ててパカクラを盛り上げたいと思いますゾヽ(`Д´)ノ

◆とは言え堅いレース
1番人気は過去10年で⑮①①②②①②②③③着で成績(3-4-2-1)とものっっっっっすごい堅実。大敗は96年クリスザブレイヴ1頭のみ。クリスは東京の新馬、500万戦を連勝し本番に挑み惨敗したわけですが、この年は本命不在の大混戦と言われていましたし、終わってみれば2番人気マイネルマックスがしっかり尻ぬぐい?してました。
さてその2番人気は①③②⑦⑥②⑤⑦①①着で成績(3-2-1-4)とこれまた(比較的)堅実。1番人気よりも確率は下がるものの3勝はすべて1番人気が連対を外したときのもので、これまで1・2番人気がともに連対から消し飛ぶことはないと言う堅実なレース。

◆芝マイル戦以上での距離実績が重要
これは朝日杯に限ったことではなく、阪神JFなど2歳戦では極めて重要だと僕は考えています。ま、そう言いながらアストンマーチャンは連対してしまったわけですが、逆にあの血統であの気性であの競馬ができるマーチャンは現時点で相当完成度が高く強い馬だと思います。もちろんスプリント戦ならの話ですし、今後の成長力も課題になると思いますが、アドマイヤコジーン産駒ですから意外と早熟では終わらないかも。
さて、過去10年の連対馬20頭のうち、実に15頭が芝マイル戦以上で勝ち鞍があり、やはり血統的にも気性的にもマイルはぎりぎりか?という馬では少々荷が重い感じがいたしまふ。

◆前走V組が好走!
過去10年の連対馬20頭のうち、17頭が前走勝ちを収めている。偶然かも知れないが、未勝利戦だろうと重賞勝ちだろうととにかく前走きっちり勝って気分良く?本番に挑んできた馬の活躍が目立つ。

◆ひとまず予想
てなことで、ひとまず今日のレビューを踏まえつつ出走馬のおさらいをしてみようと思います。アサクサキングス。新馬・百日草特別と芝マイル戦を連勝中なのですが・・・唯一1番人気で大惨敗したクリスと同じローテというのが気になると言えば気になる。アドマイヤヘッド。札幌2歳Sで差のない2着もこのレースどうもレベルが怪しい気が。しかも芝マイル以上未勝利で前走も5着敗退。オースミダイドウ。条件全てクリアで最有力も代打ペリエJはメイショウボーラーを彷彿させ何げに2着の予感が。クラウンエンブレム。デビューからダートで使われ2戦目(前走)で勝ち上がり。オープニングテーマと同じパターンだがあの時は馬場がボロボロで力がいった。今回は?しかも数少ないウォーエンブレム産駒で人気先行の嫌な予感。ゴールドアグリ。阪神JFを制したウォッカと同じく父タニノギムレット。これ以上トップガンの地位を崩されないためには飛んで欲しい(ぉぃ)。が、前走負け以外減点なく要注意。ドリームジャーニー。前走東スポ杯2歳Sは3着もマイルOP芙蓉S勝ちで大きな減点なし。同レース2着のフライングアップルも距離実績ばっちしで要注意。マイネルシーガル。もしかして2番人気?デビューから2連勝中。芝マイル戦も前走のいちょうS快勝で軽くクリアしており連対圏内。マイネルレーニア。前走京王杯2歳S勝ち馬だが芝マイル戦での勝ち鞍がないのはちと不安。逃げてそのまま押し切る競馬からも一回のスピード馬ではと危惧する。ローレルゲレイロ。前走デイリー杯で勝ち馬オースミダイドウと差のない2着。ただ芝マイル戦での勝ち鞍なく前走もオースミに不利がなければちぎられていた内容なだけに逆転は難しかろうと勝手な邪推をしてみたり。
具体的な予想はひとまず置いておくとして、まずはこんな感じ。その他の馬は回避か明らかに距離短そうか僕の触手が動かない馬と言うことで独断で今回は切り捨てさせて頂きました。さてどうなる?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chouuma.blog68.fc2.com/tb.php/2-f7f0905f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。